挫傷、ダークグレーズ、袋からのヘパリン軟膏、目の下の腫れ:レビュー、使用説明書、禁忌

目の下のバッグからヘパリン軟膏 – 予算を見つける

ストレス、睡眠不足、勤勉…多くの要因が目の前に目立つ袋の出現につながります。ほとんどの人はまだ見た目を良くしたいと思っています。つまり、目の周りの腫れを取り除くという問題はかなり重要です。既知の薬物の1つはヘパリン軟膏である。

ヘパリン軟膏の組成と性質

外部的には、ヘパリン軟膏は均質な白色の塊(恐らくわずかに黄色がかっている)である。 彼女はにおいがなく、一貫性のあるゼリーのように見えます。 ヘパリン軟膏はその組成において3つの主な活性物質を有する:

  • ヘパリン。名前からすでに理解されているように、この物質は軟膏チーフにあります。ヘパリンは常に体の中にあり、その役割は血液の凝固を防ぐことではありません。 さらに、ヘパリンは、毛細血管(小血管)における血液循環を改善することができ、抗炎症効果も有する。 軟膏において、ヘパリンはヘパリンナトリウムの形態である。軟膏1gにはこの物質100IUが含まれています。
  • ベンゾカイン。この物質は麻酔作用を有する。軟膏1gにはベンゾカイン40mgが含まれています。
  • ニコチン酸ベンジル。軟膏中のこの物質は、1gあたり800μgの量で入手可能である。ニコチン酸ベンジルの作用は、血管を拡張し、血液循環を改善し、ヘパリンが身体に浸透しやすくすることである。

列挙された物質に加えて、ヘパリン軟膏には、さらにいくつかのものがある:

  • グリセロール;
  • 石油ゼリー;
  • ステアリン酸;
  • 桃の油;
  • 乳化剤#1;
  • メチルパラヒドロキシベンゾエート;
  • パラオキシ安息香酸プロピル;
  • 水。

これらの物質はすべて明らかな治療効果はありませんが、軟膏の構造を維持するために必要です。

たぶん、桃の油だけがこのリストから際立っています – それは肌を改善し、湿らせ、より弾力を与えます。

調製物の特性は、その組成によって容易に理解することができる。ヘパリン軟膏は、抗炎症および鎮痛効果を有する。さらに、それは血液を希釈する。傷、挫傷、腫れに加えて、この軟膏は、静脈瘤、痔核、乳房炎、および静脈炎症に使用されます。

ヘパリン軟膏は高価な薬とは言えません – 25gの包装は25〜80ルーブルの範囲内です。

薬局では、ヘパリン軟膏は、25g

目の領域のための化粧品のヘパリン軟膏

ヘパリン軟膏が目の下の袋に対抗するのに効果的かどうかを明白に言うことは不可能です。誰かが助けてくれる人が増え、誰かが悪化すると、それは皮膚の個々の特徴です。しかし、一般に、ヘパリン軟膏は目の下の傷の再吸収に関与し、浮腫および腫脹も除去する。

この救済策は、時々あなたの外見を悪化させる副作用を引き起こすことが理解されるべきである。 ヘパリン軟膏は、肌が乾燥している場合は使用しないでください。これは、この薬がしわの形成につながる可能性があるためです。 油性肌の人はこのような問題を経験しません。

さらに、目の周りの皮膚は非常に敏感ですので、刺激、剥がれ、乾燥した皮膚につながる可能性があるため、軟膏は慎重に使用する必要があります。ヘパリン軟膏を使用する前に、美容師を訪問してこの問題について相談してください。

目の下の袋の出現が膨らむ脂肪または小さなヘルニアの形成に関連する状況がある。この状況では、ヘパリン軟膏は無力である。

ヘパリン軟膏は目の下の袋や傷をきれいにするのに役立ちます

申し込み方法

ヘパリン軟膏の使用に関する規則について話したら、特別な違いはありません。目の下の袋を隠すか、この領域から脳卒中の傷を取り除くために適用します。しかし、このツールを使用すると、より注意する必要があります。 指示に従わないと、皮膚の状態が悪化する危険性があります。

ヘパリン軟膏を使用するにはいくつかの方法があります:

  • 救済の通常の適用。これを行うには、少しの軟膏を絞って、穏やかに目の下の領域にこする。この手順は1日2回行う必要があります。コースを継続するには7-10日間が必要です。
  • 圧縮する。 2つの綿のホイールを取って、それが均一になるようにそれらの上に軟膏を広げる。 20分間、ディスクを目の下に取り付けます。 1週間に1回、これを1週間に1回行う必要があります。
  • マスク。化粧品の顔面から取り出し、強壮剤またはローションで皮膚を拭き取ってください(アルコールにはアルコールを含まないでください)。あなたの指の上に少し軟膏を絞って、軽く目の下の皮膚にそれを運転します。半時間そのまま放置し、温かい水ですすいでください。この手続きは1日で行います。コースの期間は20日間です。

あなたが選択した軟膏を使用する方法は、使用する前に、柔らかいタオルで皮膚を洗い、拭くことをお勧めします。きれいな肌は製品をより良く吸収し、効果をより顕著にします。

軟膏を塗るときは、目に入ってこないようにしてください。さらに、コース間の休憩は少なくとも1ヶ月間でなければなりません。 1つのコースを長くしすぎたり、コース間に適切な休憩をとることができない場合、これは皮膚の浮腫や刺激を引き起こす可能性があります。ヘパリン軟膏は、特に目の下の敏感肌の場合、非常に攻撃的であることを忘れないでください。

手術中に不快な感覚、例えばかゆみや灼熱感がある場合は、すぐに軟膏の使用をやめ、美容師または皮膚科医に相談してください。

ヘパリン軟膏は、眼の下で優しくこすられるべきである

禁忌と予防措置

このような因子の存在下でヘパリン軟膏を塗布する必要はありません:

  • 血しょう症と血管拡張薬(アスピリン、アルフィンその他)の受け取り。
  • 適用分野における利用可能な創傷、擦過傷、切開および他の病変;
  • 血液の凝固に伴う問題;
  • コンポーネントの個々の不耐性。
  • 月経の期間(軟膏は出血を増加させる);
  • 血小板のレベルの低下;
  • テトラサイクリン軟膏の塗布;
  • 抗生物質の受容;
  • クペロス。

禁忌があるかどうかわからない場合は、セラピストに相談することをお勧めします。 ヘパリンは血液を希釈するので、この治療法を無制限に使用する価値はありません。

さらに、ヘパリン軟膏がアレルギーの原因となることがあることを理解する必要があります。そのため、適用前に少量の薬を前腕に塗布する必要があります。不快な感覚が観察されない場合には、薬物を使用することができる。

妊娠・授乳期間に伴う厳しい禁忌は、ヘパリン軟膏ではない。同時に、ヘパリンの効果が非常に強いため、医師による使用は推奨されていません。目の下のバッグは危険な病気ではないので、このリスクは根拠がありません。

アレルギーがないことを確認するために、ヘパリン軟膏をまず手に塗布しなければならない

結果

薬の副作用は次のようなものです。

  • 皮膚の赤み;
  • 適用場所における感受性の低下。
  • 皮膚剥離;
  • 乾燥;
  • 刺激;
  • 灼熱感。

通常、これは使用規則が遵守されていない場合に発生します。

医師と美容師の意見

医師は、ヘパリン軟膏は挫傷を取り除くための良い予算の選択肢だと考えていますが、かなり頻繁にアレルギー反応を引き起こします。

非常にまれですが、軟膏を塗布する場所にはまだ皮膚反応があります。制御不能で無制限の使用が全身抗凝固効果を有することができる場合。

Golovin AA

挫傷の「開花」を加速するための効果的な安価な薬。血腫による再吸収のプロセスを著しく促進する。効率は高価なアナログのそれよりいくぶん低いですが、この価格カテゴリでは、その効果は十分以上であると考えています。

Erofeeva A.V.

医者はヘパリン軟膏を優れた予算ツールと呼んでいる

女性のフィードバック

インターネット上で、目の下の軟膏が、様々な静脈疾患の治療に使用される軟膏によってよく助けられ、ヘパリン軟膏がリストに入ったばかりです。私はその効果に気付かなかったが、私は多くの恐怖に苦しんだ!私の顔は非常に赤くなって肌に変わりました。私は顔を洗ってみましたが、助けにはなりませんでした。赤みは1時間か2かかりますが、ほとんど効果はありませんが、不愉快な思い出が残っています…

タチアナ

一般的に、私は皮膚に適用された軟膏を、目の下の最も繊細な場所に買いました。これは、手入れをして大切にすべきであり、汚れてはいけません。約5分後、私は自分の肌に熱を感じました。そして、火事が始まりました。水ですすぐことは問題でした!燃え上がらなかった!水、石鹸、化粧品ミルク – すべてが動き出した。翌朝、私はこのような腫れた目で目を覚まして、盛り上がっていたダークサークルとシワを喜んで返しました。

Stasija

私は本当にヘパリン軟膏が目と暗い円の下に "袋"を取り除く方法が好きです。私は次のことをする:私はトニーレイヤー、軽いパットの動きで目の下の領域を置くと、私は時間が浸るように….高価な薬を飲んだ後よりも、皮膚の変化が1〜2分では信じられません…とても満足しています!

NATALIA A

ビデオ:目の下の袋からのヘパリン軟膏

ヘパリン軟膏は、目の下のバッグと戦うための良いツールですが、注意して使用する必要があります。美容師の監督なしでこれをしないでください。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...
Like this post? Please share to your friends:
コメントを残す

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: