日本の図形修正方法

日本の図形修正方法

すべての体重を減らすことの夢は、最小の労力と財務コストで、驚くべき結果を達成することです。日本の福木博士は夢を現実に近づけました。図形矯正の日本の方法は、1日5分しかかからず、衰弱させる身体運動および食事療法と一定の現金注射を伴わない。

日本の図形修正法の本質

実験的に、多くの体重減少システムを研究したところ、日本の医師は、骨盤と肋骨の位置、すなわち発散に左右されていると結論付けました。フィギュアの不利な状況を修正するために、福島さんは、通常のタオルローラーを使用することを提案しています。

タオルによる図形修正の日本的方法 人間の骨格を修正することに焦点を当て、図の輪郭を改善することに寄与する。

革新的な方法の基本と必要な属性

フィギュアを修正する日本の方法を試してみたい方には、テリータオルを1つだけ "スポーツ用発射体"にする必要があります。しっかりとしたローラーに巻いて、弾性バンドで転写して形状を保持することをお勧めします。ローラーの体積およびその密度は変化し得る。しかし初心者はローラーを小さくて柔らかくすることをお勧めします。

固体表面上の正しい位置(床にソファ、マッサージテーブルやジムマット) – 彼の背中の上に横たわるは、直線的に彼の腕と脚を伸ばしました。

  • ハンズ – 彼女の頭の後ろに伸ばしたが(耳にひじを持参してみてください)、手が少し指が触れ、手のひらを床に押され、内側になりました。
  • 脚は反対方向に向いているようで、脊柱を引っ張ると、靴下は自分自身を目指します。 (それらの間の距離を20Ωcm以上でなければなりません)足の親指を接続して(交差することが可能である)と広いかかとをプッシュする – プラス、これらの要件は、あなたが人為的に「内反足」の足跡を与える必要があります。
  • 身体に対するビードの位置は、臍レベルで腰の下にある。その後(タオルで補正日本方法の使用目的に応じて)、それは、リブの下胸郭を移動させることができる、など。D.

セッションの期間と快適さのレベルは、セッション中に調整されます。いくつかの不快感は、ロールの上に横たわって、あなたもお勧めの総筋弛緩かかわらず、体験しなければなりません。しかし、まったく違和感とあまりにも痛みを伴う感覚は、クッションの体積と硬度を減らし、最初のセッションを5分から2〜3に短縮する言い訳です。

運動の5分以内に起こった約束された関節の変化を考慮して、突然の動きなしに身体を通常の位置に注意深く戻してください。身体を正確に持ち上げるアルゴリズムは、身体の実際の持ち上げの右側を回すことです。

オステオパスの専門家の監督なしに提案された推奨を実行することができます。図の修正のための日本の方法への禁忌は(下記参照)です。

期待される結果

福辻博士の発言による外見の変化は、いくつかのセッションの後に見ることができます。ウエストラインがより顕著になり、胸が上がり、姿勢が水平になり、少し成長させることさえできます。

禁忌

日本人の矯正方法に対する無害な禁忌のすべてがまだ存在するにもかかわらず、それらの1つは ヘルニア。しかし、これが唯一の障害ではありません。脊椎の重篤な病気は、承認されていない医師の介入をお勧めしません。日本の方法ほど無害です。

日本の方法でクラスに深刻なアプローチをして、整形外科医は最も完全な診断を行うように勧められます 背骨検査深刻なものを排除する 筋骨格系の問題担当医師から "良い"状態にしてください。

専門家のレビュー日本の方法の支持者と反対者

福島博士の理論についての正反対の意見は、日本人の体重を失う方法については非常に否定的な見解があり、彼にはかなり忠実です。

日本法の反対者

日本人の矯正方法に関する医師の意見は十分に懐疑的です。医師や他の専門家は、常に患者の体重の問題に直面している、タオルのローラーで体重を減らす方法は深い疑問を提起します。

人間の骨格に関する結論は非常に矛盾しているので、医学教育の可用性については、福島博士から疑問を投げかける人もいます。日本の医師の理論から医師の学問で議論するとき、石を石に残すことはありません。

医者の支持者は、毎日5分寝ると代謝障害による過剰体重の問題を訂正することができないという確信を守っています。しかし、もしあれば、背骨の問題を悪化させることはかなり現実的です。したがって、日本人の矯正方法についての医者のコメントは、肯定的ではなくむしろ否定的である。

日本の方法の支持者

マッサージ師、特にタイ語やオステオパシーのテクニックを専門とする人は、人物の輪郭を改善し、胸を締め付け、姿勢を日本の方法の助けに合わせることはかなり可能であると信じられています。しかし、この方法で体重を減らすことは成功しそうにない。

彼らは、骨の発散が不可能であることについて公式の医学の主張に同意せず、小さな進歩がまだ起こっていると考えている。日本の図形修正方法に対するフィードバックから判断すると、結合組織のクランプをローラで壊す確率は十分に大きい。堂々とした姿勢は意識的に視覚的に図形の輪郭を改善します – 直線の後ろは自動的に腹部を収縮させます。

日本の体重減少理論を支持するオステオパシーの専門家の主な議論:

  • 想像された特別な能力の初歩的な実施、勧告の実施のための大量のスペースと時間は必要ではない。
  • 最低限の財務コスト、さらには、一般的には、ノー – クローゼットの中にタオルと太い糸(ロープ、弾性包帯)ので、そこに各;
  • この方法の相対的な無害性は – ロールで運動よりも体の剛性ダイエットを害する可能性が高いです。
  • 日本の技術が筋骨格系に及ぼす影響を強化する。

このページのアルカリ飼料に関する記事を読んでください – //moivolosy.com/alkalinovaya-dieta/

スペシャリスト – オステオパシーは、プラテンのみに横たわることに限定されないことを推奨します。通常の5分のローリングは、彼の太ももは、血液の循環を改善し、筋肉の緊張を緩和し、セルライトの外観を減らすことができます。

日本の図形修正方法の読者

本当の「テスター」方法Fukutsudziドクター、実際に彼の理論を試すために、日本の法による雇用の6ヶ月一日二回の後、大幅に、腹囲を減らす腹部の筋肉を強化し、全体的な健康を向上させることができたと言います。

しかし、補正の日本法上の彼らのコメントでいくつかは、プラテン上に横たわっているほか、他の演習を行うことを認識しました。

続きを読む:スリミングドロップOneTwoSlim(レビュー)

減量、実際のユーザーレビューの分野における専門家と日本の医師の理論の議論と同じように、あまりにも、二つの対向する「陣営」に分かれています。

日本法の有効性を条件付きで確認するレビュー

この方法の支持者の最初のグループは、減量の約束影響についてもともと懐疑的だったが、筋骨格系の問題を解決するために、日本法を利用しました。定期的な運動の3ヶ月は驚きで、より良いための姿勢の変化に加え、腰エリア内のボリュームの大幅な削減を指摘した後 – 彼らはスケールが一定の性能を固定主張がマイナス7センチメートルに上がって..

コンパイルされたと分析した「プラス」は、この技術に数字を持ち上げるための効果的な方法を帰属させることができると、ほとんどのレビュー、その輪郭と姿勢を改善するが、肥満のない万能薬。

負帰還

それらの余分ポンドを失うだけでなく、彼の背中を持つ既存の問題を悪化させないだけで、博士Fukutsudziのテクニックについて否定的に話す人たち。これは、既存の禁忌を確認し、優しく、革新的な方法を想像してみてください呼び出すだけ。積極的な行動を開始する前に、身体に起こりうる弊害を慎重に検討してください。

ビデオ:日本人のイチジク矯正方法

ビデオを見る:フィギュア補正の日本語方法 – 結果とフィードバック

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...
Like this post? Please share to your friends:
コメントを残す

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: