妊娠中に脱毛をすることはできますか?

妊娠中の脱毛:選択するもの – 脱毛または脱毛?

妊娠中は脱毛が可能ですか?未来の母親にはしばしば関心があり、無駄ではない質問です。結局のところ、私たちは主なことについて話しています。何らかのハードウェアや機械的な手順でクラムを傷つけないでください。しかし、すべての女性は妊娠中によく見たいと思っています。なぜなら、この問題を詳細に理解することを傷つけないために、何ができるかできないかを決めることです。

脱毛の種類

妊娠中の脱毛の問題には、害が自分自身ではなく、赤ちゃんにもできるので、非常に責任を持ってアプローチするべきです。妊娠期間中、女性の体内でホルモンの再編成が起こり、外的変化、例えば育毛の増加につながる。最も簡単な解決策は、現時点では一般的な除毛を放棄することですが、衛生面でも不可能です。主なものは、病理学的プロセスを引き起こすことができない、最も苦痛のない手順を選択することです。

不要な脱毛には2つのタイプがあります:

  • 脱毛は、植物の機械的除去であり、濾胞に影響はない。その結果、毛髪は成長を再開する(何時間後に脱毛方法に依存するか)。これには、シェービングおよび化学的脱毛だけでなく、根が除去される間にワックスおよびシュガーグレンディングが含まれるが、卵胞はまだ手つかずのままである。
  • 脱毛 – 毛包を破壊する多数のハードウェア処置。皮膚の滑らかさは、脱毛の場合よりも長く続きますが、手技のコストははるかに高くなります。

どちらの方法も、植生への影響、痛みおよび有効性が異なるいくつかの方法を含む。これらの特性から、子どもを抱く期間と手順の両立性に依存します。

妊娠中の脱毛

私たちの時間に最も人気のある一般的なタイプの除毛を考え、これらのタイプの処置が妊婦に適しているかどうかを判断します。

レーザー

「面白い立場」でレーザー脱毛はできますか?レーザーは胎児に直接的な脅威を及ぼすものではありませんが、この方法の苦痛と胎児への影響の分野における研究の不足を考慮すると、この手順を一時的に放棄する方が良いです。

光退色

この技術は、異なる長さの同じレーザビームの作用に基づいている。ここでの痛みを伴う感覚は、レーザー除去の場合よりもはるかに少なくなりますが、子供の安全性データはまだ確認されていません。このため、植生をこのように戦うことはお勧めしません。

電気分解

最も効果的で、同時に、最も衝撃的な方法です。処置の間、針が電球に導入され、それに沿って放電が供給される。それが痛みを伴うという事実に加えて、電流自体は胎児に害を与えることができる。この操作は、「興味深い状況」で女性に禁忌である。

私たちは化粧学者が最もよく使う方法を調べました。 ELOS、AFT、超音波処置、および他のハードウェア処置に関しては、妊娠中のそのような毛の除去が脅威であるので、それらも廃棄すべきである。

脱毛器は電気式です

このような手技は妊娠中は禁止されていますが、これは装置への指示に記載されています。これは、操作中の強い痛みによって説明されます。さもなければ、毛髪の機械的な引っ張りがある場合。

妊娠中の脱毛

ハードウェアの美容とは対照的に、脱毛の方法の中には、妊娠中に認められ使用されるものがあります。そして、最も重要なことに、そのような手続きは自宅で行うことができます。

シェービングマシン

不必要な植生を取り除く最速の、最も簡単で最も手頃な方法。主な欠点は、処置の次の日に粗い毛が現れることである。しかし、妊娠中の女性のためのための丸いおなかの、そうすることが容易であり、この操作ではありません。したがって、ここでは注意を怠ることはできないので、皮膚の外傷を排除することができます。それにもかかわらず、手続きの際に、カットがあった場合、それは防腐剤ですぐに扱われなければならない、と感染の危険性を排除するために、唯一の個々のマシンを使用します。蒸し皮膚の毛をカットする最小限のリスクでより簡単に、より良い剃りを – シェービングシャワーを取ることは良いです前に。

化学的脱毛

この手順は、出産時の特別なクリームを使用して行われ、解決されます。ファンドの組成が十分に積極的ではあるが、それは将来の母親を怖がらせることができますが、10〜15分を超えない皮膚上にある、成分が全身循環に吸収されず、何も絶対に害をもたらすことはありません。カミソリのような脱毛クリームは、髪の可視部分を削除しますが、その効果は(怪我の危険性を排除する)柔らかく深いので、結果は少し長く保たれている – 週まで。植生は粗大化していないものの、剛毛とは見えません。

この技術の短所は次のとおりです。

  • 強力な化学臭。したがって、換気室で操作することをお勧めします。また、セッションのためにいくつかの領域を脱却せず、1日に1つの問題ゾーンを処理することに自分自身を限定してください。
  • アレルギー反応のリスクが高い。クリーム自体は非常にアレルギー性であり、ホルモンの背景に変化があると、体はこれにもっと鋭く反応することができます。不快な結果を避けるためには、局所適用の前に、皮膚の小さな領域(手首または肘屈曲)にアレルギーの有無を検査する必要があります。

生物分解

この脱毛は、天然成分に基づくバイオペーストです。この用語は2つの手順を含んでいます:ワックスの脱毛とシュガー(砂糖ペーストの除去)、その間に植物は根で壊れますが、卵胞はそのままです。操作は非常に痛い、特に初めてです。したがって、この方法を妊娠前に適用しなかった場合は、この期間中放置することも望ましいことです。

ワックスを用いた脱毛は、妊婦の頻繁な仲間である静脈瘤には禁忌であることを知っておくことが重要です。そしてまた、ビキニゾーンの手順について慎重でなければなりません、再びセッション中のすべての痛みを引き起こします。

シュガーリングは、脱毛と実行のワックス技法、したがって他の質量組成とは異なります。砂糖ペーストと皮膚との相互作用が最小限に抑えられているため、操作中の痛みの強度はわずかに低い。

生物分解の明白な利点は、皮膚反応を引き起こさない天然成分を含有するため、低アレルギー性である。

これらの方法に直接禁忌はありませんが、痛みを考慮すると、将来の母親のための親密なゾーン(特に深いビキニ)を治療することはお勧めしません。

妊娠中の除毛に関する推奨事項

すべての長所と短所を考慮して、今すぐ正しい結論に至ることができます。しかし、株式の中には無視すべきではないもっと実用的なアドバイスがあります:

  1. Painless。選択された手順は、子宮の早期収縮を引き起こさないように、また流産の結果として痛みを伴う感覚(特に妊娠初期の場合)をもたらすべきではありません。痛みはストレスホルモンの産生を引き起こしたり、血圧を上昇させたりする可能性があり、母親と子供の両方にとって有害で​​もあります。
  2. 皮膚科学的疾患は、脱毛のための禁忌である。
  3. 化学的脱毛の前に、アレルギーを発症するリスクが高まるため、アレルギー反応を検査することが必須です。
  4. 何らかの理由で妊娠中に、レーザー脱毛または他のハードウェア技術が行われる場合は、治療領域を最小限に抑える必要があります。
  5. それでも可能であれば、状況にある女性にとって、最良の選択肢は、小さなプロットと必要に応じて削除することです。

脱毛で妊娠することはできますか?この質問に対する答えは明白です。あなたはそうすることはできません。妊娠と脱毛の概念は互換性がありません。なぜなら、この手順は将来の赤ちゃんに回復不能な害を及ぼしかねないからです。そしてここで脱毛は許されますが、規則と注意を守ってください。

一般的に、妊娠中は、いかなる場合でも、あなたはアマチュアのパフォーマンスに従事することはできません。手術を行う前に、婦人科医の相談と許可が必要です。おそらく、何らかの理由で、医師はこれを禁止するか、一見すると無害な処置を禁止する。各女性には異なる妊娠があり、この間の外部介入には特別な注意が必要です。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...
Like this post? Please share to your friends:
コメントを残す

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: