妊娠中の除毛:それを行うことは可能ですか、そのような期間にいかに剃るか、レビュー、ヒント

妊娠中の望ましくない髪を取り除く

きれいに見えることは、どんな女性の本来の欲望です。公正な性のほとんどのための現代の美しさのカノンのために体の望ましくない植生は容認できません。妊娠中に、脱毛を行う可能性の問題は特に重要です。この時期の女性は不要な植生を取り除くことができますか?もしそうなら、どの方法が安全ですか?

妊娠中の脱毛の特徴

不要な植生を2つの方法で取り除くことができます。それらのうちの1つは、毛の除去であり、毛が根元から除去される手順である。脱毛と呼ばれる第2の方法は、皮膚の表面の上にある毛髪の一部を除去する。脱毛は、より長い時間皮膚の滑らかさを維持することを可能にします。妊娠は、変化するホルモンの背景が育毛の増加を引き起こすことができる身体の全体的な変化の時です。同時に、成長する腹部は女性が彼女の足やビキニゾーンにアクセスすることを困難にします。この期間に不必要な毛を取り除くことは望ましいことではなく、特に親密な場所で(衛生上の理由から)必要です。その手順が不必要に苦痛でないことは重要である。

妊娠中に望ましくない植物を除去することは、美学だけでなく、衛生面でも必要です

いつより良い選択をするか

子供を抱えている期間に脱毛は可能ですか、トリメスターに依存します。 12週間までの時間制限では、そのような手続きを取らずに行う方がよい。この時点での果実は非常に脆弱であり、脱毛に伴う痛みは、子宮過緊張を促進することができます。 2番目と3番目のトリメタが最も有利です。 妊娠中にいつでも推奨されない除毛の方法には以下が含まれます:

  • 電気浸透 – 身体への電流の影響は、赤ちゃんの発達に悪影響を与える可能性があります。
  • レーザーおよびレーザー脱毛 – これらの技術の胎児への影響は十分に理解されていません。
  • エロス – 脱毛、ダイオードなどの技術。

ELOS脱毛は、妊娠女性の間に、皮膚の感受性増大に毛包のエネルギー作用のちょうど2つのタイプを組み合わせているので、このメソッドを参照することをお勧めされていません

不要な植生を取り除くための他の方法を適用することができます。特定の条件下では、いくつかの方法が許されます。

家庭電化の利用

デバイスへの注釈では、子供を抱える期間にその使用が許可されないことについて書かれています。しかし、十分に強い痛みの感覚に加えて、母親と子供の健康に危険はないが、脱毛器の使用はそうではない。妊娠中にデバイスを知り始める必要はありませんが、以前に使用されていた場合は、この方法で毛髪を安全に除去し続けることができます。

ワックス脱毛およびシュガーリング

ワックスや砂糖ペーストで髪を取り除くと、長い間望ましくない植生を忘れることができます。これらの脱毛方法の主な欠点は、特に、以前に剃毛またはワックスを練習していない場合の痛みです。ワックスや砂糖ペーストの使用が慣れている場合は、妊娠中や助けを借りて不要な植生を安全に取り除くことができます。

妊娠中の息苦しさの詳細 – 私たちの記事:妊娠中にシュガーリングをすることは可能ですか?

ワックスやシュガーリングは最も安全かつ効果的な脱毛方法ですが、痛みを伴う感覚のために、妊娠中の女性にとっては不可能になります

胎児への悪影響が最も少ない技術

機械または特別なクリームを使用した脱毛は苦痛であるが、その欠点を有する。妊娠後期におけるそのような手順の複雑さ、および皮膚刺激の可能性 – 最初のケースでは、効果は、2つの負の要因があるほか、非常に短命です。脱毛クリームの使用は、妊娠前にこれらの資金がアレルギーを引き起こさなかった場合は許可されます。いずれの場合でも、手技の前に、皮膚の小さな領域で試験することは価値がある。

妊娠中の不要な毛を取り除くためのヒント

子供を抱えている期間に望ましくない植生を取り除く場合は、以下の推奨事項を守ってください。

  • 脱毛クリームを選ぶと、その組成を慎重に読んでください – 染料や香料はアレルギーの原因となります。
  • あまりにも痛いの場合は、手順を実行する必要はありません – ストレスが赤ちゃんの健康に悪影響を及ぼす可能性があります。
  • 予備的な、皮膚疾患を排除する必要があります。
  • 脱毛後に過酸化水素で処理された面積を拭くために必要である – これは新しい毛の成長が遅くなります。

ビデオ:私は妊娠中の女性のための脱毛はできますか?

レビュー

私はどのように他のものがわからないが、私の髪は妊娠中に二重の力で成長した。そして、通常よりもさらに黒くなります。はい、成長しない前の場所でも成長しました。しかし、私は毛の除去について考えなかった – 私はマシンを使用した。一方で、毛の除去に関しては、これは体にとってストレスですが、小さくてもです。このことからRebenochkuはそれほど良くはないでしょう。出産後はちょっと待って、あなたの美を世話してください。

バレンティーナ

あなたの医者がそれが大丈夫だと言っても、健康のために脱毛をしてください、私はあなたにアドバイスしません、それをしない方が良いです。妊娠している女性は、まず子供の健康について考えるべきであり、何かに害を与えないようにしてください。しかし、彼は将来の母親が感じるすべてに反応します。なぜ彼は余分なストレスが必要でしょうか?もちろん、私はどんな状態でもきれいに整えたいと思っていますが、少し待つことができます。そして、あなたは安全に最も一般的なかみそりを使用することができますが、これにはひどいものと恐ろしいものはありません。ここで、出産してから、もう一度、あなたがただ必要なすべての場所で脱毛をしてください。

タチアナ・シュメイコ

私は恥ずかしがり屋であり、妊娠前の女の子がそのような手術をした場合、その間に泥酔を拒否することに意味がないと言いたい。すべての製品が低刺激性で自然なので、これは完全に安全な手順です。アレルギーのある人はほとんどいません。しかし、この手順が妊娠前に行われていない場合は、妊娠中にそれを開始しない方がいいです。あなたはあなたの痛みのレベルと痛みがあなたの妊娠にどのように影響するかを知らないので。痛みやストレスの多い感覚を伴う子宮筋腫の出現の可能性は非常に高い。さらに悪い。しかし、私はより根本的な脱毛の方法について助言しません。シェービングが適切でない場合、脱毛クリームを使用することが可能である。それは、私が妊娠中にビキニゾーンの髪を取り除くために使用した方法です。

イリーナ

ほとんどの専門家は、出産中に脱毛の手続きに反対していません。しかし、不必要に苦痛を伴う方法を避け、最初の妊娠を待つことは価値があります。さもなければ、どの女性も彼女自身の外観をどう扱うかを決める権利があります。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...
Like this post? Please share to your friends:
コメントを残す

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: