妊娠中および授乳中のレーザー脱毛

妊娠中のレーザー脱毛:することができますか?

妊娠中と授乳中にレーザー脱毛はできますか?この質問は、育てるタミーを持つ魅力的な女性、そして悲鳴を滅ぼす小さなゴンファロンを持つ美しいベビーカーの誇り高い所有者の両方を刺激する。

女性は常にその原則と信念に忠実です。余分な植生のない滑らかなボディは、美しさ、恵み、そして自分自身のための完全なケアの結果の基準です。しかし、体の髪を取り除く方法の日常生活の中にサロンと家庭の両方が多い場合、この特定の時期には多くの人が厳しい禁止の下に置かれます。

将来のミイラや新ミイラのために、どの方法が最も効果的で安全なのかを考えてみましょう。

レーザー脱毛と妊娠

レーザー脱毛と妊娠 – これらのコンセプトは互換性がありますか?異なる視点を検討する前に、原理的にレーザー脱毛とは何かをまず理解しましょう。

多くの女性が妊娠前にこの手技を行ったが、彼らは不思議な器官がその生物に及ぼす影響のメカニズムについてほとんど考えなかった。しかし、この方法は非常に革新的であり、その安全性を検証するのに十分な証拠はまだありません。

したがって、レーザー脱毛は、レーザー光が毛包に及ぼす影響です。それは完全に破壊するはずですが、練習が示すように、その効果は脱毛後よりも長くなりますが、絶対的ではありません。つまり、しばらくしてから手順を繰り返す必要があります。真実は、髪が目立って小さくなり、弱くなり、長く成長します。

不要な植生を完全に取り除くには、レーザーを繰り返し使用する必要があります。何人、何人かの専門家に答えられません。もし彼がチャールトンでなければ。すべては、いくつかの要素の全体に依存します。

  • 女性の身体の個々の特徴;
  • 妊娠が直接的な効果を有するホルモンの背景の変化;
  • 慢性内分泌病変の存在;
  • 代謝プロセスおよび多くの他の障害の障害。

妊娠中のレーザー脱毛は、医師の間で多くの論争を引き起こします。いくつかの人は、その処置は絶対に無害であり、胎児に影響を与えないと考えている。他の人は、妊娠中の女性にとっては、痛みを伴う感覚は危険であるため、一般的に脱毛を控える方がよいと主張している。彼らは子宮の音色の増加を誘発し、流産の脅威を引き起こす可能性があります。

妊娠中のレーザー脱毛についての長所と短所を評価するために、我々は、手続き中に発生する可能性のあるニュアンスのいくつかを検討することを提案します。

  1. 初期段階では、活性ホルモンの変化妊婦、減少疼痛感受性のしきい値があります。同じ段階で、ヘアラインは特別な変更を受けることができます。特に男の子が期待されるならば。多くの場合、植生は腹部に表示され、恥骨へのへそから「パス」を堅持します。出産後の髪は自分で消えるので、それは、意味がありません削除しますが、脱毛の気持ちは非常に苦痛になります。
  2. 女性はレーザー脱毛を行うと判断された場合、それはあなたが流産を引き起こす可能性があるので、医師は、ビキニエリアには、この手順をお勧めしていないことを検討する価値があります。
  3. 後で言えば、レーザーは、それよりもさらに多くの量で色素沈着の出現を引き起こす可能性がある。さらに、体はすでに出産の準備をしており、子宮は緊張している。そして痛い気持ちが彼女の状態にさらに影響します。

こうした妊婦などレーザー脱毛は断固として専門家を禁止しますが、その実装前に、あなたの婦人科医、皮膚科医やセラピストに相談しません。彼らは手続きをすることができるかどうか、それがなぜこのような場合に禁忌になるのか、あるいはそのような場合には禁じられているのかを整理することができます。

泌乳中

母乳育児でレーザー脱毛も多くの疑問を引き起こします。しかし、禁忌が少なくなるでしょう。レーザーが母乳の質に影響を与えないことが証明され、処置の後、少量の時間でさえ給餌を停止する必要はない。

ホルモンのバックグラウンドは妊娠前の状態には達していないので、授乳中の女性はまだ痛みを受けやすい。場合によっては、HBで、疼痛感受性の閾値がさらに低下する。

しかし、あなたがセッションに直接行く前に満たされる必要があるいくつかの規則があります:

  • 処置の可能性と、皮膚科医、内分泌学者、婦人科医の禁忌の有無について相談する。
  • 選択されたサロンを事前に訪問し、主人と話す。彼とすべての瞬間について話し合い、彼の状況について警告する。
  • cosmetologistから受領する手続きの準備に関するすべての勧告に従うこと。
  • 痛み感受性の閾値が低いかどうかを警告してください。

セッションの後、あなたはまた、厳密な組織の減速回生を授乳中など、回復期間のすべてのルールを守らなければならない、と皮膚に炎症や赤みを引き起こす可能性があります。

他の除毛方法

レーザー脱毛に加えて、サロンや家庭の両方で使用することができ、不要な植生を除去するためにかなりの他の方法があります。私たちは、妊娠中および授乳中に適用可能ないくつかを見ていきます。

  1. シェービング – 事実上の禁忌を持っていない最も簡単な方法。その欠点の中で最も重要なものは、非延長効果である。文字通り1日か2日で髪の毛が出てきます。あなたはまだ、スクラッチ、カットすることができますmicrotrauma(脱毛のこの方法では、十分な頻度で発見された)を取得します。刺激も感染症があるかもしれないように、妊娠中や授乳中の組織修復過程は多少、変更されています。
  2. 脱毛クリームは可能ですが、場合にのみ、何のアレルギーはありません。妊娠前に妊娠がなかったとしても、依然として検査を行う必要があります。結局のところ、この期間中、ホルモンは予期せぬ驚きを示すことができます。
  3. ワックスと砂糖の脱毛(shugaring) – 手順は非常に痛みを伴う、サロンと家庭の両方で。強力な鎮痛剤を使用するには、それを不可能であるか、または他の場合には不可能である。したがって、妊娠中は – 一度ではなく、授乳中に – あなたが望むように。
  4. サロン内で行われる化学的、光化学的および電気脱毛の方法は、母親と赤ちゃんの両方に害を及ぼす可能性があるため、専門家は推奨しません。

シェービングを除く上記の方法のいずれも、ビキニと腹部の除毛に最も忠実な医師によってさえ勧められません。

禁忌

不必要な植生の除去をしばらくの間、または良いために一方向または他の方法で禁止する一般的な禁忌があります。そして、妊娠中および授乳中には、そのような禁止リストは時々増加します。

  1. ホルモンの背景が変化したために皮膚を回復させることが困難なため、外傷性の脱毛の方法を拒否します。
  2. アレルギーを発症する可能性があるため、積極的な脱毛剤クリームを使用することは不可能です。彼らの強い香り、そして活性成分は、(母乳の品質が影響を受ける可能性)喘息発作、吐き気や嘔吐を誘発するだけでなく、血流に浸透し、将来として、赤ちゃんにとって危険であるか、すでに生まれていないだけ。
  3. 妊娠中および出産からの回復の間に、静脈瘤はそれ自身を「表現的に」感じることができる。この期間中、静脈の出口の脱毛は厳しく禁止されています。
  4. すべてのタイプの除毛と脱毛の一時的な制限は、皮膚病、創傷、切れ、栄養補給、つまり要するに手技の場所での皮膚の完全性の損傷です。また、急性型のヘルペス感染症もあります。
  5. 脱毛のための完全な禁忌は、真性糖尿病、精神障害、感染性および炎症性疾患、ケロイド瘢痕、任意の新生物(良性および悪性の両方)のいくつかの形態である。

妊娠と授乳期は、女性の生活の中で最も幸せな瞬間です。そして、彼女は自分をあきらめて、ちょっとした奇跡だけを考えなければならないと言ったのですか?結局のところ、子供は、そのようなクラムも、彼の母親が美しいのを見たいと思っています。私たちのアドバイスと推論が卓越性と安全性に賛成する選択をするのに役立つことを願っています。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...
Like this post? Please share to your friends:
コメントを残す

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: